読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しいオナニー方法じゃないと本番で勃起不全になるといいます

 正しいオナニー方法じゃないと本番で勃起不全になるといいます。

根本的に精力が小さい事が問題とはいえ、オナニー方法にも念のため気を使っておきたいという人もたくさんいますよね。


基本的にはダメなオナニー方法を知ることが正しい方法を知る事にもつながります。


①ダメな姿勢

脚をピンと伸ばしてお尻に力が入る姿勢はダメ!

「正常位で勃たない→出だしでつまずく→失敗する」

という事につながってしまいます。シアリス 通販中折れの原因にもなります。

コンドームを付けている間に萎える事も起こりえます。

②ダメな刺激

チンのある特定ポイントだけに刺激を与えたり、全体に強い刺激を与えるのはダメ!

本番(膣の中での刺激)に即していないため勃起しなくなってしまうし、上手な女性じゃないと前戯でも感じなくなります。

また、半勃起の状態で射精するのもマズいので、少数派だと思いますがやめてくださいね。

③ダメなフェチ(オナニーの具の話)

ルックスはもちろん、巨乳、美脚、無理やり系、ロリ、JKものなどあらゆる好みが、それでオナニーをやりすぎると障害になりえます。

現実のお相手がその大好きな条件を満たしていなければ、チンが反応しなくなって勃起しなくなってしまいます。

以上より、正しい姿勢は正座かあぐら。威哥王自分に合ったレベルの女性で、均一な刺激を与え続けてシコるというのが正しい方法という事になってきます。

もちろんAVやグラビア画像などだけではなく、官能小説や妄想の場合も同様です。

なるべく本番に即した形でオナニーを行うのが正しい方法という事になります。

(以下、本音)
にしてもつまらんオナニーですよね~泣

やらない方がマシなんじゃないかってレベルですよね。

ムラムラして集中できないから抜くくらいで、楽しみではなくなってしまいそうです。

葬式みたいな気分で自慰行為しないといけないのはやっぱり嫌ですよね。

こんなオナニーするくらいなら、

やっぱ早く精力上げて、本番での成功体験を積み重ねていくしかないですね!

(こんな事で悩むのはもうイヤ!)

正しいオナニー方法は、成功体験を積み重ねるまでの辛抱だと思って取り入れていくしかありません。

実際、オナニーの方法が間違っているせいで勃たなくなっている場合には、やり方を気をつけることはとても効果があるんですよ。

20代の性欲減退には積極的なオナニーが良い?

 20代の性欲減退には積極的なオナニーが良い?


個人的に最近実験してみたことなのですが、20代の性欲減退はむしろオナニーを積極的に行った方が良いかもしれません。

性欲減退というか、本番で元気が無くなるタイプの勃起不全(ED)対策と言った方が正確ですね。廃用性萎縮といって使わなければ衰えるという性質が人間には備わっていると言いますし。シアリス 通販性機能も同じだと思います。

ただしオナニーのやり方には気をつけた方がベターです。脚を伸ばした姿勢ではなく、より本番行為に即した姿勢(あぐら・膝で半立ちなど)で行うようにしてくださいね。
やっぱ20代の性欲低下って基本的には、

    心因性
    普段のオナニー方法の問題
    生活習慣が変わったことによる慢性的な運動不足による根本的な精力低下

の3つが大きな原因だと思うのですが、どんどん使ってテストステロンを出していった方が性機能を衰えさせずに済むのではないかと考えています。

よくオナ禁すると頭が冴えるなんて言ったりしますが、性欲不足の人ならむしろテストステロン出しまくった方が決断力も上がって良い感じです。男性ホルモンが足りないと優柔不断っぽくなりますしね。

前の記事でデート前の10日くらいは我慢した方が良いとも書いたのですが、少し考えが変わってきました。正確にはもっと細かい分類が出来るようになりました。

威哥王中途半端に2-3日に1回抜くという平均的なやり方が一番ダメで、そうじゃなければ毎日抜くか思い切って我慢して本番に臨むかのどちらかが特に効果的だと感じています。

ハイブリッドでデート前日10日は一気に我慢して、それ以外は毎日というのが良いのではと感じています。

とはいえこれはあくまで自分の場合。抜きすぎで勃たないのか、やり方がマズくて姿勢によっては勃たないのか、使ってなくて衰えて勃たないのか、これを読者の方が自分で見極めて対策出来るようになると効果的だと思います。

30-40代以降も使わないと衰えるというし、姿勢によって勃たない場合はやり方に注意しながら基本的には使っていく方向で行きたいですね。

ただし使いすぎてチンが疲労しすぎると回復までに1週間とかかかってしまう事も精力不足の状態では起こるので、ペースアップをするとしても少しずつ頻度を増やしていくようにしていきましょう。